角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。おすすめ作品等はリストから

シリーズ

霊感ゼロの紙芝居中年と、霊感教師の微妙で絶妙な関係性が良し-『なぞとき紙芝居 思い出の幽霊』

『なぞとき紙芝居 思い出の幽霊』 中村ふみ/2015年/240ページ 高校生の木崎奏が近ごろ親しくなった年上の友人・御劔耕助は、物語を考え、絵を描き、自分で上演する紙芝居屋だ。ただし観客のニーズに応じないバッドエンド仕様が祟って、まったく商売にはな…

首切り道化師の伝説と、教会で起きる奇跡が超アクロバティックに結びつく!-『バチカン奇跡調査官 闇の黄金』

『バチカン奇跡調査官 闇の黄金』 藤木稟/2011年/320ページ イタリアの小村の教会から申告された『奇跡』の調査に赴いた美貌の天才科学者・平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。彼らがそこで遭遇したのは、教会に角笛が鳴り響き虹色の光に…

恨みと呪いがもたらす自縄自縛! 長編「紅グモ」に傑作「ダリの男」ほかを収録-『こわい本4 呪縛』

『こわい本4 呪縛』 楳図かずお/2021年/368ページ これは呪いか、愛か――あなたを捕らえて離さない楳図かずおの恐怖譚 人の身体に巣食う恐ろしい蜘蛛に捕らわれた、美しい姉妹が味わう恐怖を描く「紅グモ」。すべて競い合ってきた兄弟の憎悪の深さに震撼す…

舞台は山奥の因習村。儀式の‟御役目”に選ばれたヒロインとの逃避行!-『ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに』

『ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに』 櫛木理宇/2015年/352ページ オカルト研究会の頼れるアネゴ、藍の卒業を祝し、オカ研の面々は温泉旅行に出かけることに。しかし猛吹雪のせいで行き先を変更し、吊り橋の先にある秘境の宿を目指す。…

そんなに謎解きも紙芝居もしていないのに、やたらと面白いのは作者の筆力ゆえか-『なぞとき紙芝居』

『なぞとき紙芝居』 中村ふみ/2015年/256ページ 高校生の木崎奏が出会ったのは、職業も風体もどこか浮世離れした御劔耕助という男。常に和服で丸眼鏡、紙芝居屋を自称し、喫茶店“ひがな”の地下室で昭和レトロな品々に囲まれて暮らす謎多き人物だ。観客のニ…

超能力兄弟の苦悩に満ちた旅路。カルト的人気を博した伝説的シリーズ!-『NIGHT HEAD/覚醒』

『NIGHT HEAD/覚醒』 飯田譲治/2000年/497ページ 強すぎる超能力を持って生まれた霧原直人・直也兄弟。ふたりは、その力ゆえ両親に恐れられ御厨恭二朗の超能力研究所に隔離されたが、“岬老人”の死により結界が破れ外の世界へと脱出する。「ふたりが外にで…

キワモノ揃いの超能力捜査班の活躍を上回る、スーパー総理大臣無双!-『ミステリオ 警視庁超常犯罪捜査班 File#1』

『ミステリオ 警視庁超常犯罪捜査班 File#1』 吉村達也/2011年/304ページ 厳戒態勢の首相官邸で、史上初の殺人事件が発生した。被害者はなんと官房長官!犯行予告をしたのは、眼球を失った女性が死体で見つかる連続猟奇事件の犯人。なぜ双方の事件がつなが…

超能力はおろか「黄泉の国」まで実在する世界観を、勢いだけで押し通した怪作刑事ドラマ-『ケイゾク/Beautiful Dreamer 完全版』

『ケイゾク/Beautiful Dreamer 完全版』 西荻弓絵(ノベライズ:橋爪敬子)/2002年/200ページ 迷宮入り事件ケイゾク調査の専門部署「警視庁捜査一課弐係」に、あの天才女性キャリア・柴田純が係長になって還ってきた!十五年前の海難事故の生存者たちが“厄神島…

クセ強刑事ドラマを小ネタも含めて忠実にノベライズ-『ケイゾク/シーズン壱 完全版』

『ケイゾク/シーズン壱 完全版』 西荻弓絵(ノベライズ:市川亮、橋爪敬子)/2000年/518ページ 迷宮入り事件ケイゾク調査を専門に扱う「捜査一課弐係」。そんな弐係に東大卒の女性キャリア新人・柴田純が研修で配属された。IQ199という天才捜査官柴田(ファッ…

腐敗しない預言者の遺体と、不吉なる死の預言。精霊の地に渦巻く陰謀を暴け-『バチカン奇跡調査官 サタンの裁き』

『バチカン奇跡調査官 サタンの裁き』 藤木稟/2011年/352ページ 美貌の科学者・平賀と、古文書と暗号解読のエキスパート・ロベルトは、バチカンの『奇跡調査官』。2人が今回挑むのは、1年半前に死んだ預言者の、腐敗しない死体の謎。早速アフリカのソフマ…

人肉を喰い荒らす鳥人間! 佐渡に蘇る‟お鳥様”が恐怖と奇跡を呼ぶ-『鳥追い』

『鳥追い』 和田はつ子/2000年/284ページ 食い破られた喉、貪られた臓器、啜られた脳。女子高生の児島虹香はラブホテルで無残な死体となって発見された。しかも死体に残された体液は、未知の生物の物だった。『多重人格殺人』以来の文化人類学者・日下部遼…

最終巻だから全員殺してOK! 拷問特盛り、惨劇のフィナーレに喝采-『アンデッド 拷問教室』

『アンデッド 拷問教室』 福澤徹三/2011年/199ページ 皮を剥ぎ、肉を削り、骨を砕く。独自の倫理観で悪人たちに残虐な拷問を加える連続殺人鬼、玄田道生。そして霊能力を持った女子高生、神山美咲。ふたりの魂が交錯するとき、恐るべき惨劇の幕があがる―。…

前作とは趣向を変えたオカルトミステリ…と思いきや、終盤の展開が予想外過ぎる-『アンデッド 憑霊教室』

『アンデッド 憑霊教室』 福澤徹三/2009年/229ページ 不知火高校のいじめグループ連続殺人事件から3カ月。優等生の美少年・勇貴は、いじめパトロールを始めるが、伊美山では不可解な自殺が続いていた。そんな中、神山美咲のクラスメイトの恵が自殺してしま…

いじめられっ子に殺人鬼が取り憑き拷問復讐。不良グループがケバブと化す!-『アンデッド』

『アンデッド』 福澤徹三/2008年/222ページ おまえの怨みを晴らしてやろう。かわりにおまえのからだを貸せ。それは、不死者からの恐怖の呼び声だった―。不知火高校で起こる凄惨な連続殺人事件。被害者は全員、同じ不良グループに属しており、殺される前に…

“造られた神”を殺せるか? 虚と実を揺蕩う新世代実話怪談、ここに完結-『拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉』

『拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉』 郷内心瞳/2019年/304ページ 高鳥千草の元夫、謙二から娘に亡き妻が憑いたと相談を受けた拝み屋の著者は、さっそく原因の解明に動き出す。その過程で拝み屋の深町と桔梗、占い師の小夜歌、そして霊能師の美琴と浅から…

拝み屋オールスターVS怨念と因縁深き‟壊れた家”! シリーズ最終章前編-『拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉』

『拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉』 郷内心瞳/2019年/288ページ 昔、ある人が言った。呪いや祟りに期限など存在しないと。またある時、別の人がこう言った。人は自らの意思で、願いで、欲望で、神を造りあげることができるのだと――。10月半ば、拝み屋を…

真実も、言葉にすれば野暮になる。夢うつつの怪談奇談集-『妖し語り 備前風呂屋怪談2』

『妖し語り 備前風呂屋怪談2』 岩井志麻子/2012年/240ページ 本物の天女ではとも囁かれる妖しき美貌の湯女・お藤。その巧みな語りの噂を聞きつけて、和気湯には様々な客が訪れる。珍しい女客とは、頭の形が異様な人形を作り続ける母と不気味な観音像の話を…

超マイナーからモナリザの謎まで。怪奇現象のバラエティと主人公の鈍感さはシリーズ随一-『ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵』

『ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵』 櫛木理宇/2015年/336ページ 年の瀬も押し迫ったある日、オカルト研究会に奇妙な依頼が。絵画愛好会主催の、卒業生のための展示会。モナリザを題材にしたある絵に、クレームが殺到したという。それは、男子学生…

人と妖が語る怪談奇談。妖鬼の少女・皐月の日常が心に染み入る連作集-『生き屏風』

『生き屏風』 田辺青蛙/2008年/182ページ 村はずれで暮らす妖鬼の皐月に、奇妙な依頼が持ち込まれた。病で死んだ酒屋の奥方の霊が屏風に宿り、夏になると屏風が喋るのだという。屏風の奥方はわがままで、家中が手を焼いている。そこで皐月に屏風の話相手を…

忌まわしき独裁者の複製が、真の英雄に目覚めるまでの物語-『人造救世主 アドルフ・クローン』

『人造救世主 アドルフ・クローン』 小林泰三/2011年/336ページ 謎の組織MESSIAHのもと生み出された超人クローンたちとの死闘を続けるヴォルフ。闘いに巻き込まれてしまった女子大生、ひとみと共に死線をかいくぐり、ついに組織の研究所へと潜入する。だが…

実験動物たちの血で血を洗う死闘! 王道バトルに隠しきれない小林泰三エッセンス-『人造救世主 ギニー・ピッグス』

『人造救世主 ギニー・ピッグス』 小林泰三/2011年/238ページ 歴史上の偉人たちの遺伝子から生み出された、究極の“超人”たち。彼らは少年少女の姿に恐るべき力と残虐性を秘め、謎の組織MESSIAHのもと暗躍を続けていた。偶然彼らの秘密を知った女子大生ひと…

偉人のDNAを持つクローン人間たちの超能力バトルロイヤル! 救世主の座に就くのは果たして…-『人造救世主』

『人造救世主』 小林泰三/2010年/256ページ 女子大生のひとみは、留学生のジーンと共に古都の寺院を訪れていた。そこに西洋風の同じ顔を持つ者たちが突如出現し、建造物を破壊し始め、ひとみ達にも襲いかかる。二人の窮地に現れたのはヴォルフという謎の男…

必読の最恐作・珍怪作も。人の内面の歪みを暴く時代物ホラー集-『こわい本3 狂乱』

『こわい本3 狂乱』 楳図かずお/2021年/384ページ 楳図かずおの恐怖短編時代劇の名作を収録。 江戸時代。美しい娘のいる家に小判がふれば娘は殺される――。たたりの原因を調べる親分は何者かに切られ、娘のひとみが犯人を追ううちに、死体の頭に恐ろしい傷…

誰を・いつ・何故・どうやって呪うのかすらよくわからない、単なるロングヘア幽霊に…-『貞子』

『貞子』 牧野修(著)、鈴木光司(原作)、杉原憲明(脚本)/2019年/304ページ 日本で一、二を争う最新治療が望める総合医療センターで臨床心理士として働く秋川茉優。そこに記憶を失った少女が運び込まれた。茉優の弟の和真は動画配信で伸び悩む再生回数を増や…

嘘か真か妖しき寝物語。岩井志麻子版アラビアンナイト-『湯女の櫛 備前風呂屋怪談』

『湯女の櫛 備前風呂屋怪談』 岩井志麻子/2012年/240ページ 江戸時代初期、備前岡山城下の風呂屋・和気湯に、天女のような湯女がいた。名はお藤。その美貌と諸芸は群を抜き、なぜ下世話な風呂屋にいるのかという人々の疑問はもっともなことだった。だが、…

怪人VS明智の対決路線のはしり。そのトリック大胆不敵!-『蜘蛛男 江戸川乱歩ベストセレクション⑧』

『蜘蛛男 江戸川乱歩ベストセレクション⑧』 江戸川乱歩/2009年/326ページ 妹が失踪したと、絹枝という女が犯罪学の権威・畔柳博士を訪ねてきた。折しも博士は、とある会社の怪しい従業員募集の新聞広告に犯罪の匂いを感じていた。絹枝の話では、妹・芳枝は…

地球滅亡! 異形化した新人類が理性と尊厳を脅かす、楳図印の終末SF-『こわい本2 異形』

『こわい本2 異形』 楳図かずお/2021年/352ページ 天才・楳図かずおの珠玉の恐怖シリーズ『こわい本』。充実の巻末企画付き! 「笑い仮面」では太陽の黒点の異常によって焼け野が原になる地上で生き延びるためにアリのような新人類が誕生する。これは「進化…

超能力犯罪VS探偵事務所。ようやく話が動き始めたところで打ち切りに…-『流星事件2』

『流星事件2』 面出明美/2013年/218ページ 16年前、突如飛来した謎の局地的流星群の影響で、数多の超能力者が日本に誕生。そして現在。表向きは平凡な業務をこなす「海堂探偵事務所」には、強い超能力を持つ若者が集っていた。実は彼等は「メテオ・バース…

「シリーズ最恐」は伊達じゃない圧倒的怪異も登場。相変わらずの安定した読み応え-『ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜』

『ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜』 櫛木理宇/2014年/352ページ 草食男子大学生、森司に訪れた試練。それは簿記の試験と、美少女こよみへの片想いを妨害する昔なじみ(男)。彼に翻弄されつつも、こよみへのクリスマスプレゼントを買うため、森司は…

学院で連続する奇跡と殺人。世界設定の深さと広さにいきなり圧倒されるシリーズ第1作-『バチカン奇跡調査官 黒の学院』

『バチカン奇跡調査官 黒の学院』 藤木稟/2010年/512ページ 天才科学者の平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。2人は良き相棒にして、バチカン所属の『奇跡調査官』──世界中の奇跡の真偽を調査し判別する、秘密調査官だ。修道院と、併設す…