角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。

★★★

  読んで損なし、読書時間に見合っただけの満足感をもたらしてくれる良作。

男女の心理的駆け引きは、傍から見れば恐怖にもなり得る。トレンディな香り濃厚なサイコホラー-『金曜日の女』

『恐怖小説集 金曜日の女』 森瑤子/1996年/234ページ 自分を捨てた男からの電話を、何年も電話の前で待ち続ける女。婚礼の前日、出会ったばかりの男と駆け落ちを企てる女。女たちの胸の奥底に渦巻く出口のない想いがえぐり出される。森瑤子の遺した傑作サ…

食品偽装、家族の認知症、早すぎた埋葬…恐怖の質が生々しすぎる厭話シリーズ第4弾-『忌談4』

『忌談4』 福澤徹三/2015年/208ページ 誰もが知る有名ブランドショップで封印された怪異(「九つの御守り」)。凄惨な事故現場、押し潰された車体から発見されたのは(「手」)。吐き気を催す食品偽装の実態(「よだれ肉と注水牛肉」)。SMバーで知りあった女の…

頼もしくもわかりやすい仲間が続々集合。オーソドックスな異世界冒険譚になったが物足りなさは否めない-『戦争大臣Ⅱ 天鵞絨の死』

『戦争大臣Ⅱ 天鵞絨の死(ベルベット・デス)』 遠藤徹/2011年/269ページ 叛乱組織「蟻」のリーダー、フレイムは寛一の恋人・つみきだった。彼女の一言で自分を取り戻し、現実に戻った寛一。本の世界と呼応するように歪む世界を前にして、寛一はスナークとし…

「死体を溶かして証拠隠滅」という定番ネタに真正面から取り組むと…? 犯罪心理を情感たっぷりに描くサスペンス短編集-『人間溶解』

『自選恐怖小説集 人間溶解』 森村誠一/1997年/327ページ 粘着力を帯びた不気味な液体はしきりに瘴気を立ちのべていた…。究極の「完全犯罪」を目論む表題作『人間溶解』をはじめ、突然の侵入者に怯える主婦の心理を覗く『行きずりの殺意』。“少女”に取り憑…

シリーズ中ではヌルめの入門編だが、エグい話も粒ぞろい。生々しい家族の悪意に慄然-『無惨百物語 ておくれ』

『無惨百物語 ておくれ』 黒木あるじ/2015年/288ページ 火葬場の煙をビニール袋に入れて遊ぶ幼い息子。特種清掃員の自宅を訪れた老人の霊。最終便のバスに乗ると決まって現れる和服姿の母に似た女…。この世ならざるモノに出会い、常識では理解不可能な事象…

うしろ、うしろ、うしろ、うしろ、うしろ、うしろ、うしろ、うしろ-『うしろ』

『うしろ』 倉阪鬼一郎/2007年/365ページ それは奇妙なマンションだった。女性専用で、セキュリティは万全、一見何の問題も無いように見える。だが、常に観察していれば気づくだろう、ここでは妙に人が入れ替わることに。そして、出て行く者の顔は必ず恐怖…

ワンアイデアで読ませるパワー型バカ短編。面白さはともかくホラーとは程遠い-『穴らしきものに入る』

『穴らしきものに入る』 国広正人/2011年/248ページ ホースの穴に指を突っ込んだら、全身がするりと中に入ってしまった。それからというもの、ソバを食べる同僚の口の中、ドーナツ、つり革など、穴に入れば入るほど充実感にあふれ、仕事ははかどり、みんな…

ボーダーを越えて来たる死者が生者を惑わす。ラスト以外は秀逸なホラーミステリ-『フランティック』

『フランティック』 鎌田敏夫/2001年/286ページ 「私は母に殺されたの」ミステリー作家の丹野は妻・怜子から奇妙な事を言われる。死ぬ間際に育ての親が怜子に言い残したという謎の言葉の意味を探るうちに33年前のバス事故にたどりつく。触れてはいけない過…

豪華メンバーながら寄せ集め感が強いアンソロジー。栗本薫は掘り出し物-『悪夢』

『悪夢』 夢枕獏、栗本薫、赤川次郎、竹河聖/1995年/212ページ 夢か現実か。現実の世界に非日常が入りこむ時、そこには無限の闇が…。四人の作家による、四つの恐怖。豪華メンバーで贈る、ファンには絶対見逃せないホラー・アンソロジー。 (「BOOK」データベ…

「シリーズものは巻数を重ねるごとに質が落ちる」と作者がボヤき始める第3弾-『忌談3』

『忌談3』 福澤徹三/2014年/208ページ 社内で起きた盗難事件、深夜に現場を撮影したビデオは封印された(「持ち禁」)。売れないキャバ嬢を大金でホテルに誘った客の正体は?(「実験」)。なぜかからみを厭がるAV女優、監督は撮影を強行したが…(「雨女」)。サ…

怪作ぞろいの曲者作家がラノベを書くと、何故か週刊少年チャンピオンの雰囲気に-『戦争大臣 I 嘲笑する虐殺者』

『戦争大臣 I 嘲笑する虐殺者(ニーズヘッグ)』 遠藤徹/2011年/331ページ 地球儀から消された国は、世界に宣戦布国する。致死性ウイルスが死の嵐を招いた世界。国家Jは患者の隔離所にされるが、憎悪を糧に生き延びた。ウイルスを克服した英雄は戦争大臣を…

不幸と犯罪が連鎖するクソ物件の恐怖。売れなさ過ぎて荒廃した団地で起こる悲劇!-『ホーム アウェイ』

『ホーム アウェイ』 森村誠一/2006年/201ページ 都心から離れた郊外で、念願のマイホームを手に入れた鶴川一家。初めは豊かな自然に囲まれ満足していたが、すぐに何かがおかしいことに気づく。ごみの収集がこない。テレビも映らない。バスも通っていない…

手塚治虫のホラー漫画なんて大量にあるんだし、もうちょいコンセプトを絞れなかったものか-『人面瘡 ~手塚治虫怪奇アンソロジー~』

『人面瘡 ~手塚治虫怪奇アンソロジー~』 手塚治虫/1998年/362ページ 心の奥底に潜む黒い欲望故に、二重人格となった殺人鬼。その顔のできものにブラック・ジャックの奇跡のメスが入る「人面瘡」、自然破壊による大地の怒り「白縫」、ささやかな幸せを求…

オーソドックス、かつバラエティに富んだ手堅い実話怪談集。やや手堅過ぎか?-『S霊園』

『S霊園』 福澤徹三/2019年/192ページ 教師が命を絶つ前に黒板に書いた記号が蘇る「先生踏切」、廃屋で見つけた謎の木箱が恐怖をもたらす「あにもの」、ある滝にまつわる怪談実話が時を経てシンクロする「滝の帰りに」、通夜の会食のあと記憶が消える「お…

記憶術と深層プロファイリングで人体切り取り魔の正体を暴け!-『CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』

『CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』 内藤了/2015年/400ページ 廃屋で見つかった5人の女性の死体。そのどれもが身体の一部を切り取られ、激しく損壊していた。被害者の身元を調べた八王子西署の藤堂比奈子は、彼女たちが若くて色白でストーカーに悩んでいた…

凪の如き静かなホラー短編集。地味ながら予測不能の不穏さが印象的-『アイズ』

『アイズ』 鈴木光司/2015年/299ページ 世の中にはまだ科学では説明できない現象が存在する―旧友との再会で呼び覚まされる、過去の悪夢(「鍵穴」)。ホテルの窓辺にあられもない姿でくくられた美女(「クライ・アイズ」)。マンションの表札に残される不気味…

夏の怪談より他の季節の方が怖い。意外にエゲつない話多めの怪談歳時記-『怪談狩り 四季異聞録』

『怪談狩り 四季異聞録』 中山市朗/2017年/320ページ 「怖い怪談は、夏だけのものではない」と断言する怪異蒐集家・中山市朗が、四季折々の行事や情景を織り交ぜながら綴る怪談集。毎年3月3日の朝に天井からバサリと落ちてくる異様なモノ、真夏のキャンプ…

「一番怖いのは人間」パターンを実話怪談でやってしまった焦土作戦。新境地には違いない-『忌談2』

『忌談2』 福澤徹三/2014年/191ページ 夜な夜なマンションの上の部屋から聞こえる電車の音の正体は(「電車の音」)。就活に悩む女子大生が遭遇した恐怖の体験(「最終面接」)。新米ホストが店からあてがわれた寮の部屋は、なぜか2DKだった(「過去のある部屋…

楽しく学べる殺人世界史。いわゆる「シリアルキラー」は少なめだが満足度高し-『美しき殺人鬼の本』

『美しき殺人鬼の本』 桐生操/1995年/267ページ 猟奇殺人鬼、大量殺人鬼、人肉供食鬼、毒殺鬼や女独裁者など、自らの衝動のおもむくままに残忍な殺戮をくりひろげた殺人鬼たち。その手口のあまりのすさまじさ、むごたらしさに、あなたはきっと目を離せなく…

正しく中二病な残酷寓話。あまりにストレート過ぎる怒りがスれた大人の胸を打つ-『D-ブリッジ・テープ』

『D-ブリッジ・テープ』 沙藤一樹/1998年/167ページ 近未来の横浜ベイブリッジは数多のゴミに溢れていた。その中から発見された少年の死体と一本のカセットテープ。そこには恐るべき内容が…斬新な表現手法と尖った感性が新たな地平を拓く野心的快作。第4回…

多少地味ながらも王道の怪談実話集。実物の心霊写真はインパクト有-『怖の日常』

『怖の日常』 福澤徹三/2016年/234ページ ひとり暮らしの部屋で、深夜パソコンに向かっていると背後から聞こえる奇妙な音…その正体に震撼する「カタカタ」。朝起きるたび、数が増え深くなっていく引っ掻き傷に、じわじわと追いつめられていく「傷」。実在…

子供目線の恐怖、思春期の暴走、SF、下ネタ、豪ちゃん全部盛り!-『切れた糸 ~永井豪自選作品集~』

『切れた糸 ~永井豪自選作品集~』 永井豪/2001年/354ページ 登校途中のススムは、公園で若い母親が我が子を撲殺する現場を目撃する。しかし、大人達が無感動に子供達を殺す怪奇現象は街中に広がっていた。逃げ惑いながら少年達は気づく。自分と親をつな…

十にまつわる十一編のアンソロジーだが、タイトルに「十」って入っているだけでいいの!?-『十の恐怖』

『十の恐怖』 常盤朱美、森真沙子、井上雅彦、五代ゆう、篠田真由美、飯野文彦、斎藤肇、小林泰三、朝松健、竹河聖、赤川次郎/2002年/265ページ 十、それは恐怖の境界値。 十代最後の日、可愛いドレスを着た少女が友也を迎えに来る--赤川次郎「十代最後…

今なお貴重な「マタンゴ」「くだんのはは」コミカライズを収録!-『歯車 ~石ノ森章太郎プレミアムコレクション~』

『歯車 ~石ノ森章太郎プレミアムコレクション~』 石ノ森章太郎/2002年/375ページ 『仮面ライダーアギト』、『サイボーグ009』と代表作がTV放送中と、その死後も人気の石ノ森章太郎の傑作選。今なお人気の高い『マタンゴ』や小松左京原作の『くだんのはは…

ホラー視点で読むヒーロー漫画。コンセプトは新しいが企画倒れ気味-『マスカーワールド ~石ノ森章太郎恐怖アンソロジー~』

『マスカーワールド ~石ノ森章太郎恐怖アンソロジー~』 石ノ森章太郎/2001年/315ページ すでに描かれていた21世紀の恐怖! 「変身忍者嵐」「仮面ライダー」「ロボット刑事」「イナズマン」「佐武と市捕物控」など、名作に秘められていた恐怖のメッセージ…

濃いキャラ続出、グロ描写も盛り盛りの猟奇ミステリ。お手本のようなエンタメ作品-『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』

『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』 内藤了/2014年/270ページ 奇妙で凄惨な自死事件が続いた。被害者たちは、かつて自分が行った殺人と同じ手口で命を絶っていく。誰かが彼らを遠隔操作して、自殺に見せかけて殺しているのか?新人刑事の藤堂比奈子らは事件…

ミステリ要素の強いホラー短編集。著者お得意の実話怪談ネタも-『怪談熱』

『怪談熱』 福澤徹三/2010年/272ページ ある作家が怪談会で耳にした奇妙な話の数々。聞いてはいけない話を聞いてしまった末に……背筋も凍る表題作のほか、過去を隠してセレブの座におさまった女が、昔の同僚との再会を機に想像を絶する恐怖に見舞われる「再…

ほのぼのノスタルジーを読んでいたはずが、いきなりバトル展開に。これが癒し系ホラー…?-『古川』

『古川』 吉永達彦/2003年/198ページ 一九六〇年代初頭、大阪の下町を流れる「古川」。古川のほとりの長屋では、小学生の真理とその家族がつつましく暮らしていた。しかし、ある嵐の夜、真理の前に少女の幽霊が現れて―。ノスタルジックなイメージに満ちた…

楳図入門編として無難な1冊。大槻ケンヂとのぶっちゃけ過ぎ対談が見もの-『赤んぼう少女 楳図かずお作品集』

『赤んぼう少女 楳図かずお作品集』 楳図かずお/1994年/452ページ 屋根裏部屋に幽閉された悪魔の子タマミの、養父への激しい復讐心と、その娘葉子に対する嫉妬心への恐怖を描く表題作。呪われた家系に生まれたネコ少女の数奇な運命を描いた「黒ねこ面」他…

出どころ不明ながらも、猛烈で純然たる悪意。心冷える実話怪談集-『怪談狩り 市朗百物語 赤い顔』

『怪談狩り 市朗百物語 赤い顔』 中山市朗/2017年/255ページ 怪談蒐集家・中山市朗が満を持して放つ、本当に怖い話だけを厳選した百物語、第二弾。逆さに連なる首を切られたカラスの死骸、お札を貼られた井戸に潜むモノ、誰もいないはずの学校に現れる赤い…