角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。おすすめ作品等はリストから

★★★★★

  ホラーファンにはぜひ一度手に取ってもらいたい、文句無しの傑作。

マイペースな妖鬼と魂が見える少年の愉しくもシビアな道中記-『魂追い』

『魂追い』 田辺青蛙/2009年/252ページ 県境を守る妖鬼の皐月は、森に漂う“生き物の魂魄”を捕らえることを生業とする“魂追い”の少年・縁と出会う。あるとき、魂魄が漂う“道”に入り込んでしまったことをきっかけに、皐月と相棒の馬・布団の体に変調が!?皐…

悪意なき大量殺人鬼の内面をつまびらかに描く、大石圭の最高傑作-『死者の体温』

『死者の体温』 大石圭/2004年/310ページ 安田祐二は30歳。砲丸投げの元日本代表選手で、いまは不動産管理会社の経営企画室に勤めるエリート会社員。ハンサムで温厚。にこやかで職場や近所での評判もよく、湘南の洒落た高級マンションにひとりで暮らし、…

唯一無二の首吊りアンソロジーにして完全無欠の決定版!-『吊された男 異形アンソロジー タロット・ボックスⅢ』

『吊された男 異形アンソロジー タロット・ボックスⅢ』 井上雅彦(編)/2001年/392ページ ホラー・アンソロジーの魔王がタロットの図案をもとに編み上げるシリーズ、第3弾。今回のカードはアルカナ・ナンバーⅫ、≪吊された男≫。めまいがするほどの勢いで、次…

“造られた神”を殺せるか? 虚と実を揺蕩う新世代実話怪談、ここに完結-『拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉』

『拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陽〉』 郷内心瞳/2019年/304ページ 高鳥千草の元夫、謙二から娘に亡き妻が憑いたと相談を受けた拝み屋の著者は、さっそく原因の解明に動き出す。その過程で拝み屋の深町と桔梗、占い師の小夜歌、そして霊能師の美琴と浅から…

愚かに、そして必死に生きる人々を捕らえ食らい尽くす社会福祉の闇-『捕食』

『捕食』 渡辺球/2011年/371ページ 就職活動に失敗し、レストランの契約社員として働く輝は、ある日、年下の上司からカードスキミングを指示される。解雇を恐れ、心を無にしてそれを実行するが、愛人の雪と来店した常連客・黒川に見破られてしまう。罪を着…

B級テイスト特盛ながら、異様な完成度を誇る驚愕の4編-『肉食屋敷』

『肉食屋敷』 小林泰三/2000年(復刊:2023年)/240ページ 異星からの遺伝子が、すべてを食い尽くす。 邪悪を極めた第3作品集! 「山の頂上にドラム缶を積んだトラックが放置されているので対処して欲しい」村民からの苦情を受けた村役場勤務の“わたし”は、現…

華やかな世界の裏で渦巻く、あまりにも、あまりにもグロテスクな情念。人の心とかないんか?-『祇園怪談』

『祇園怪談』 森山塔/2012年/295ページ 祇園南一の老舗お茶屋「夕月」に現れた、舞妓志望の少女・恵里花。女将の月春はその才能を見抜き、夕月に入ることを認めるが、霊に憑かれやすいという恵里花の周りでは不可解な事態が続出する。それは、痛ましき伝説…

果てなき時間に、場所に、運命に囚われた人々の“解放”を描くダークファンタジー中編集-『秋の牢獄』

『秋の牢獄』 恒川光太郎/2010年/224ページ 十一月七日水曜日。女子大生の藍は秋のその一日を何度も繰り返している。何をしても、どこに行っても、朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる。悪夢のような日々の中、藍は自分と同じ「リプレイ…

作家と編集の絆が生死を超越した存在に打ち勝つ、闇のクリエイター賛歌!-『奇奇奇譚編集部 怪鳥の丘』

『奇奇奇譚編集部 怪鳥の丘』 木犀あこ/2018年/288ページ 霊が見えるホラー作家・熊野惣介は、担当編集者の善知鳥の異動話を耳にしてしまう。善知鳥本人からの説明がないまま、ふたりはいつもの心霊取材へ。廃墟の水族館に現れる巨大未確認生物や、温泉に…

遠い記憶の異世界で、こちら側の現実で、永遠に迷い続ける子ら。郷愁誘う静かな傑作-『夜市』

『夜市』 恒川光太郎/2008年/218ページ 妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だっ…

その都市伝説の呪いは拡散する…! ホラー小説の金字塔に真正面から挑んだ傑作ミステリ-『ずうのめ人形』

『ずうのめ人形』 澤村伊智/2018年/464ページ 不審死を遂げたライターが遺した謎の原稿。オカルト雑誌で働く藤間は後輩の岩田からそれを託され、作中の都市伝説「ずうのめ人形」に心惹かれていく。そんな中「早く原稿を読み終えてくれ」と催促してきた岩田…

『リング』の続編という高いハードルを越え、シリーズを神話と化した医学SF-『らせん』

『らせん』 鈴木光司/2000年/432ページ 幼い息子を海で亡くした監察医の安藤は、謎の死を遂げた友人・高山竜司の解剖を担当した。冠動脈から正体不明の肉腫が発見され、遺体からはみ出た新聞紙に書かれた数字は、ある言葉を暗示していた。…「リング」とは?…

シン超人VS怪獣の死闘で人間たちが肉塊と化す! 前代未聞のハードSF特撮スプラッター-『ΑΩ 超空想科学怪奇譚』

『ΑΩ 超空想科学怪奇譚』 小林泰三/2004年(復刊:2023年)/463ページ 大怪獣とヒーローが、 この世を地獄に変える。 旅客機の墜落事故が発生。凄惨な事故に生存者は皆無だったが、諸星隼人は一本の腕から再生し蘇った。奇妙な復活劇の後、異様な事件が隼…

新築マンションに巣食う悪意100%の怪異。怖さが面白さを上回る稀有なモダンホラー-『墓地を見おろす家』

『墓地を見おろす家』 小池真理子/1993年/330ページ 新築・格安、都心に位置するという抜群の条件の瀟洒なマンションに移り住んだ哲平一家。問題は何一つないはずだった。ただ一つ、そこが広大な墓地に囲まれていたことを除けば…。やがて、次々と不吉な出…

探偵小説&冒険小説に乱歩流の耽美で猟奇な味付けがハマる傑作-『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション⑦』

『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション⑦』 江戸川乱歩/2009年/336ページ 初代は3歳で親に捨てられた。お守り代わりの古い系図帳だけが初代の身元の手がかりだ。そんな初代にひかれ蓑浦は婚約を決意するが、蓑浦の先輩で同性愛者の諸戸が初代に突然求婚…

歪んだ渇望が友情を裂く。一気読みの果てに待つのは唯一無二のほろ苦い幕切れ-『女友達』

『女友達』 新津きよみ/1996年/440ページ 29歳独身、一人暮らしで特定の恋人は無し。満たされぬ毎日を送っていた千鶴は、ふとしたきっかけから隣人・亮子と知り合った。同い年だが自分より容姿も収入も劣っている亮子との友情に、屈折した安らぎを見出す千…

超パワフルで超悪趣味! 臓腑と糞便と怪蟲にまみれたB級エログロ黙示録!!-『蠅の王』

『蠅の王』 田中啓文/2008年/646ページ ある遺跡で無数の赤子の骨とひとつの壷が発見された。その封印が解かれたとき、人類は未曾有の危機を迎えた。突如、東京では児童殺人が頻発する。そこには必ず虫が大量発生するという怪現象が…。その最中、ひとりの…

現実を侵食する5つの怪談。凶悪トリックが最後に読者を襲うメタホラー-『逢魔宿り』

『逢魔宿り』 三津田信三/2023年/327ページ 雨の日には、読まないでください。 元編集者で現ホラー・ミステリ作家の「僕」のもとに、昔仕事をしたデザイナー・松尾から連絡が入った。「小説 野性時代」に連載している連作怪奇短篇について、話したいことが…

原発事故で引き裂かれた双子姉妹。汚染区域でサバイバルする少年少女。鮮烈な結末を迎える異形の傑作-『プルトニウムと半月』

『プルトニウムと半月』 沙藤一樹/2000年/293ページ 原子炉の爆発がきっかけで、双子の姉妹・華織と紗織は別々の家に預けられた。しかし失意の華織は自殺の名所とも呼ばれる放射能汚染地域へと自ら踏み込んでしまう。立入禁止の汚染地域で生き長らえる華織…

一読の価値あり、ホラーファン必携の入門書。充実度なら角川ホラー文庫版一択-『ホラー小説大全〔増補版〕』

『ホラー小説大全〔増補版〕』 風間賢二/2002年/441ページ モダンホラーが席巻した八〇年代。それはS・キングという稀有な才能が捲き起した一大ムーブメントだった。日本では“ホラー=恐い”という単純な括りで消費されがちだが、欧米作家たちはさらなるジャ…

陰で暗躍する獣と、陰でしか生きられないけだもの。これぞ乱歩中の乱歩!-『陰獣 江戸川ベストセレクション④』

『陰獣 江戸川ベストセレクション④』 江戸川乱歩/2008年/204ページ 探偵作家の寒川に、資産家夫人、静子が助けを求めてきた。捨てた男から脅迫状が届いたというが、差出人は人気探偵作家の大江春泥。静子の美しさと春泥への興味で、寒川は出来るだけの助力…

ネットロアと化した伝説的怪談を含む、予測不能の恐怖に満ちた15編-『牛の首』

『厳選恐怖小説集 牛の首』 小松左京/2022年/416ページ 「あんな恐ろしい話はきいたことがない」と皆が口々に言いながらも、誰も肝心の内容を教えてくれない怪談「牛の首」。一体何がそんなに恐ろしいのかと躍起になって尋ね回った私は、話の出所である作…

夢の未来で描かれる絶望の家族模様。人の業と想いは永遠に変わることなく…-『ファミリーランド』

『ファミリーランド』 澤村伊智/2022年/320ページ ホラー小説大賞&日本推理作家協会賞受賞作家が、令和元年にお届けする最も恐いSF小説集。スマートデバイスで嫁を監視する姑、高級ブランド化する金髪碧眼のデザイナーズチャイルドと育児ハザード、次世代…

戦死者の生への執着が、家族を、現実を喰らい尽くす。エゴと怨情の食物連鎖!-『火喰鳥を、喰う』

『火喰鳥を、喰う』 原浩/2022年/352ページ 信州で暮らす久喜雄司に起きた二つの出来事。ひとつは久喜家代々の墓石が、何者かによって破壊されたこと。もうひとつは、死者の日記が届いたことだった。久喜家に届けられた日記は、太平洋戦争末期に戦死した雄…

人々の恐怖を取り除き、救済もたらす穢れた天使。オカルトでバイオな超エンタメ-『天使の囀り』

『天使の囀り』 貴志裕介/2000年/526ページ 北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられ…

旧き恐怖の存在と、無限の恐怖に囚われた男。角川ホラー文庫を代表する神話級名著-『玩具修理者』

『玩具修理者』 小林泰三/1999年/224ページ 玩具修理者は何でも直してくれる。独楽でも、凧でも、ラジコンカーでも…死んだ猫だって。壊れたものを一旦すべてバラバラにして、一瞬の掛け声とともに。ある日、私は弟を過って死なせてしまう。親に知られぬう…

平穏なき魂vs霊媒師、満足死の自由がある町…。静謐さがリアリティを生む傑作2編-『白い部屋で月の歌を』

『白い部屋で月の歌を』 朱川湊人/2003年/304ページ ジュンは霊能力者シシィのもとで除霊のアシスタントをしている。仕事は霊魂を体内に受け入れること。彼にとっては霊たちが自分の内側の白い部屋に入ってくるように見えているのだ。ある日、殺傷沙汰のシ…

血肉と腐臭にまみれた家族の団結。ラストのぐちゃぬる決戦の高揚感が凄い!-『血の配達屋さん』

『血の配達屋さん』 北見崇史/2022年/336ページ 家出した母を連れ戻すため、大学生の私は北国の港町・独鈷路戸にやって来た。赤錆に覆われ、動物の死骸が打ち捨てられた町は荒涼としている。あてもなく歩くうち、丘の上の廃墟で母と老人たちが凄まじい腐臭…

作者と読者と角川書店をも巻き込み降り注ぐ、心湿らす永遠の雨。思春期ミステリの大怪作-『X雨』

『X雨』 沙藤一樹/2000年/335ページ 一月のある快晴の朝、小学生の里緒の前に一人の少年が現れた。何故かレインコートを着ていた少年はフードをとり、潰れた右目をあらわらにすると、自分には見えるという、“X雨”のことを話しはじめた―。15年後、作家にな…

「寄生生物モノ」に期待する全シチュエーションを網羅。エログロに満ちたダークヒーロー譚-『バジリスク 寄生生物』

『バジリスク 寄生生物』 椙本孝思/2012年/347ページ 高校生の優奈は、幼い頃から猟奇的な悪夢に悩まされていた。そんな中、友人が無残な死体となって発見される。失意とともに、人間業とは思えない残虐さに恐怖する優奈に、話があると声をかけてきたのは…