角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。おすすめ作品等はリストから

コミック

風刺に妖怪、海外小説。水木入門として悪くない1冊-『畏悦録 ~水木しげるの世界~』

『畏悦録 ~水木しげるの世界~ ホラーコミック傑作選 第2集』 水木しげる/1994年/361ページ 霊界の女に魅入られた男の不気味な恋の行方を描く、「終電車の女」。吸血鬼にあこがれる少年の悲劇的な結末を描いた「血太郎奇談」。 猥雑な人間界に対する鋭い…

恨みと呪いがもたらす自縄自縛! 長編「紅グモ」に傑作「ダリの男」ほかを収録-『こわい本4 呪縛』

『こわい本4 呪縛』 楳図かずお/2021年/368ページ これは呪いか、愛か――あなたを捕らえて離さない楳図かずおの恐怖譚 人の身体に巣食う恐ろしい蜘蛛に捕らわれた、美しい姉妹が味わう恐怖を描く「紅グモ」。すべて競い合ってきた兄弟の憎悪の深さに震撼す…

必読の最恐作・珍怪作も。人の内面の歪みを暴く時代物ホラー集-『こわい本3 狂乱』

『こわい本3 狂乱』 楳図かずお/2021年/384ページ 楳図かずおの恐怖短編時代劇の名作を収録。 江戸時代。美しい娘のいる家に小判がふれば娘は殺される――。たたりの原因を調べる親分は何者かに切られ、娘のひとみが犯人を追ううちに、死体の頭に恐ろしい傷…

地球滅亡! 異形化した新人類が理性と尊厳を脅かす、楳図印の終末SF-『こわい本2 異形』

『こわい本2 異形』 楳図かずお/2021年/352ページ 天才・楳図かずおの珠玉の恐怖シリーズ『こわい本』。充実の巻末企画付き! 「笑い仮面」では太陽の黒点の異常によって焼け野が原になる地上で生き延びるためにアリのような新人類が誕生する。これは「進化…

執念深きヘビのうらみ! ヘビ少女にヘビおばさんが美少女の首筋を這いまわる!-『こわい本1 蛇』

『こわい本1 蛇』 楳図かずお/2021年/320ページ 幸せに暮らしていた沼田家の姉妹を、突然の悲劇が襲った。姉が、手足が動かなくなる原因不明の病に倒れたのだ。献身的に看病する妹だったが、姉の奇怪な行動に不審を抱き、姉の正体は蛇で、自分を殺そうとし…

実話怪談のスタイルをいち早く成立させたホラーエッセイ。豪華漫画家ゲスト陣も!-『ゆうれい談』

『ゆうれい談』 山岸涼子/2023年/240ページ 全部、本当にあった怖くて摩訶不思議な話。 漫画家にとって最大の敵は睡魔。山岸プロでの眠気ざましの話題は“ゆうれい談”。萩尾望都、大島弓子など著名漫画家たちの不思議体験談を始め、アシスタントさんが経験…

超気まぐれヒロイン・黒井ミサの魅力。『エコエコアザラク』入門編+α-『魔女地獄』

『魔女地獄 ~古賀新一傑作集~』 古賀新一/1995年/407ページ 人間は所詮、運命には逆らえないもの…悪魔に魂を売った魔女黒井ミサのまわりで次々と起こる黒魔術の邪悪な事件。恐怖と不安に引きずり込むオカルト・ホラーコミックの傑作集。 (Amazon解説文よ…

濃密なストーリー展開を読みやすく仕上げた、しっかりと怖面白いホラーミステリ-『ミノタウルス』

『ミノタウルス』 ささやななえこ/2001年/348ページ 殺人・行方不明者が相次ぐ名門ロスター家。調査に赴いたカードとジョーカーを見つめるロスター婦人の視線、仮面の男の視線―。表題作他「サラの遺言」「霊送りの島」収録。心の奥底を震わせる恐怖コミッ…

曲者ホラー漫画家の怪演・狂演! パルプ感に満ちた楽しい1冊-『HOLYⅡ』

『HOLYⅡ ホラーコミック傑作選 第3集』 犬木加奈子、御茶漬海苔、風忍、谷間夢路、日野日出志/1996年/405ページ 日常と非日常が交錯する暗闇で、心の奥底に宿る残忍さと凶暴さが顔をのぞかせる…。狂気をはらみ、よこしまな計略を鮮烈に描くホラーコミック…

意外な巨匠たちの怪奇作品。菊地秀行の趣味全開、懐かし系コミックアンソロジー-『闇の画廊』

『闇の画廊 ホラーコミック傑作選第2集』 菊地秀行(選)/1996年/325ページ 闇に蠢く狂気と絶望、そして悲惨…。八人の巨匠が描くダーク・ギャラリー!! 時空を超えて、いま甦る傑作恐怖コミック集。〈収録作品〉関谷ひさし「恐怖の幻視人間ムーズ」武内つなよし…

横溝正史のジュブナイル探偵小説を少女ホラー漫画へと見事にリメイク-『血まみれ観音 ~高階良子傑作集~』

『血まみれ観音 ~高階良子傑作集~』 高階良子/1995年/410ページ 肩に刻みこまれた人面疽の謎を追い、血飛沫が飛び散り、恐怖が襲う「血まみれ観音」(横溝正史「夜光虫」より)。絶望の淵に立たされた少女を助けに来た天才医師が踏み入れたのは、破滅への道な…

他人の家庭事情から垣間見える漆黒。小説2編は傑作だが、コミック7編の印象がイマイチ薄め『ワイドショー』

『ワイドショー 内田春菊ホラー傑作選』 内田春菊/2004年/236ページ 気がつくと、ワイドショーを見ていないのは私だけだった。「なんで見ないの?」と訝しがられるがそれって、そんなに変なことなの?遊びに行った恋人の家にも、ワイドショーを見る母親が。…

文庫版最終巻にして、メンバーの過去にまつわる話を集めた入門篇。続きはコミックスで-『黒鷺死体宅配便 5』

『黒鷺死体宅配便 5』 原作:大塚英志、漫画:山崎峰水/2009年/174ページ 死体専門のダウジング能力を持つ沼田真古人は、幼いころ、その技術を教えてもらった師匠と再会を果たす。しかしそれは悲しい別れの始まりだった――!? “お届け物は死体です”。死んだ…

エピソードのトンデモぶりが極まった傑作巻。あまり死体を宅配してない気もするが…-『黒鷺死体宅配便 4』

『黒鷺死体宅配便 4』 原作:大塚英志、漫画:山崎峰水/2009年/218ページ あいかわらず仕事に恵まれない「黒鷺死体宅配便」のメンバーたちは、村起こしを目的としたミステリーサークル作りのアルバイトをしていた。偶然にもこの村には、40年ほど前に墜落し…

そもそも死体から依頼を受けてもたいして金にならないのでは? と今さら気づく第3巻-『黒鷺死体宅配便 3』

『黒鷺死体宅配便 3』 原作:大塚英志、漫画:山崎峰水/2008年/188ページ 「頼む、カラダを戻してくれ」……死体からしか聞こえないはずの声が、死ぬ間際のホームレスから聞こえてきた。壊死した腎臓が病院で摘出され、ホームレスは息を引き取った。声はどう…

死体を甦らせてまた殺す葬儀屋VS死体宅配便。死者蘇生能力がニッチな商売に!?-『黒鷺死体宅配便 2』

『黒鷺死体宅配便 2』 原作:大塚英志、漫画:山崎峰水/2008年/218ページ 死体の声を聞き、その依頼に応じて報酬を得る黒鷺死体宅配便。手違いから死刑囚の死体を手に入れた唐津。その死体の望みは、殺してしまった一家の、生き残った子供に会って謝ること…

死体にまつわるスペシャリスト達が、死体の最期の望みを叶えます。内容はともかくなぜホラー文庫?-『黒鷺死体宅配便 1』

『黒鷺死体宅配便 1』 原作:大塚英志、漫画:山崎峰水/2006年/253ページ 死体の声を聞くイタコ、死体を探すダウジング、死体修復のエンバーミング、情報収集のハッキング、宇宙人と交信するチャネリング。それぞれ特技をもった仏教大学の学生5人が作った…

耽美・グロに特化した、ディープなオーケンファンに(のみ)刺さるコミック-『ステーシー』

『ステーシー』 原作:大槻ケンヂ、漫画:長田ノオト/2001年/182ページ ――近未来。一五歳から一七歳の少女が原因不明の死をとげ、人間を襲う屍体となって蘇る現象が世界中で蔓延していた。彼女らは“ステーシー”と呼ばれ……。大槻ケンヂ入魂の純愛ホラー小説…

様々な視点から読み解ける名作群。圧倒的な絵のパワーに改めて感銘を受ける-『のろわれた手術』

『のろわれた手術(オペ) ~手塚治虫怪奇アンソロジー~』 手塚治虫/1995年(復刊:2023年)/362ページ ※復刊版表紙 漫画の神様が遺した十二の恐怖マンガアンソロジー。ホラー漫画の原点! 表題作となったブラック・ジャックの奇跡の手が、千五百年前のミイ…

絶叫、咆哮、鬼気迫る形相。いい顔特盛り、グロ描写連発のトラウマ作『妖虫』も完全収録-『死霊の叫び』

『死霊の叫び ~古賀新一恐怖傑作集~』 古賀新一/1997年/391ページ 手首が蠢めき、人間を飲み込む怪物――。脳や心臓が消失し、昆虫のように脱皮する奇病に冒された人間が増殖する戦慄を描いた「妖虫」。健気な少女に浮遊霊がしのびよる「死霊の叫び」、静…

ホラー漫画史を語るには外せない、巨匠ぞろいのアンソロジー。「聖なる恐怖」って何?-『HOLY』

『HOLY ホラーコミック傑作選 第1集』 手塚治虫、美内すずえ、諸星大二郎、日野日出志、丸尾末広、内田春菊、花輪和一、永井豪、萩尾望都/1993年/377ページ 日本を代表する九人の巨匠たちが紡ぎ出す、「聖なる恐怖」。名作中の名作を厳選した待望のコミッ…

伝奇ホラー、超能力、人形怪談、ピカレスクロマン…『ガラスの仮面』以前の怪奇傑作集-『人形の墓』

『人形の墓 美内すずえ作品集』 美内すずえ/1994年(復刊:2023年) /432ページ 『ガラスの仮面』の美内すずえの初期のホラー傑作短篇! 「黒百合の花が咲くとき、誰かが死ぬ」。不吉な”黒百合伝説”の影に脅かされる少女・安希子。そして彼女はこの呪われた家…

時には淡々と、時にはユーモラスに市井の人々のドス黒さを描く短編小説+コミック-『隣人』

『隣人 内田春菊ホラー傑作選』 内田春菊/2002年/258ページ とある集合住宅で新生活を始めた共働きのカップル。夫はコピーライター、妻はスタイリスト。まわりは専業主婦ばかりらしい。最初は至極快適に思えた住まいだったが、やがてふたりの身辺に、不可…

子供目線の恐怖、思春期の暴走、SF、下ネタ、豪ちゃん全部盛り!-『切れた糸 ~永井豪自選作品集~』

『切れた糸 ~永井豪自選作品集~』 永井豪/2001年/354ページ 登校途中のススムは、公園で若い母親が我が子を撲殺する現場を目撃する。しかし、大人達が無感動に子供達を殺す怪奇現象は街中に広がっていた。逃げ惑いながら少年達は気づく。自分と親をつな…

今なお貴重な「マタンゴ」「くだんのはは」コミカライズを収録!-『歯車 ~石ノ森章太郎プレミアムコレクション~』

『歯車 ~石ノ森章太郎プレミアムコレクション~』 石ノ森章太郎/2002年/375ページ 『仮面ライダーアギト』、『サイボーグ009』と代表作がTV放送中と、その死後も人気の石ノ森章太郎の傑作選。今なお人気の高い『マタンゴ』や小松左京原作の『くだんのはは…

ホラー視点で読むヒーロー漫画。コンセプトは新しいが企画倒れ気味-『マスカーワールド ~石ノ森章太郎恐怖アンソロジー~』

『マスカーワールド ~石ノ森章太郎恐怖アンソロジー~』 石ノ森章太郎/2001年/315ページ すでに描かれていた21世紀の恐怖! 「変身忍者嵐」「仮面ライダー」「ロボット刑事」「イナズマン」「佐武と市捕物控」など、名作に秘められていた恐怖のメッセージ…

楳図入門編として無難な1冊。大槻ケンヂとのぶっちゃけ過ぎ対談が見もの-『赤んぼう少女 楳図かずお作品集』

『赤んぼう少女 楳図かずお作品集』 楳図かずお/1994年/452ページ 屋根裏部屋に幽閉された悪魔の子タマミの、養父への激しい復讐心と、その娘葉子に対する嫉妬心への恐怖を描く表題作。呪われた家系に生まれたネコ少女の数奇な運命を描いた「黒ねこ面」他…

絶望的な結末が救いに見えるほどに、悲惨極まりないトラウマ作品-『灰になる少年 ~ジョージ秋山恐怖劇場~』

『灰になる少年 ~ジョージ秋山恐怖劇場~』 ジョージ秋山/1997年/393ページ 「おまえが幸せに暮らせるのも、今のうちだぜ」――。潮少年は見知らぬ男に囁かれた言葉が耳から離れない。お手伝いさんの首なし殺人事件が恐怖へのプロローグなのか!? 潮少年に迫…