角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。読んだ上で、おすすめしたい作品は全力で推します。

シリーズ-バイオハザード

映画のスリリングさを再現しつつちょっと違った展開も楽しめる、理想的なノベライズ-『バイオハザード』

『バイオハザード』 牧野修(箸)、ポール・W・S・アンダーソン(脚本)/2002年/275ページ 巨大企業アンブレラ・コーポレーションが地中深くに作り上げた秘密の研究所“蜂の巣”で、開発中のウイルスが漏洩する事件が発生。鳴り響く非常警報、遮断される通路…