角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。読んだ上で、おすすめしたい作品は全力で推します。

2022-09-04から1日間の記事一覧

SF界の重鎮はホラーにおいてもレジェンド級。外れの無い15編-『霧が晴れた時』

『霧が晴れた時』 小松左京/1993年/432ページ 太平洋戦争末期、阪神間大空襲で焼け出された少年が、世話になったお屋敷で見た恐怖の真相とは…。名作中の名作「くだんのはは」をはじめ、日本恐怖小説界に今なお絶大なる影響を与えつづけているホラー短編の…