角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。読んだ上で、おすすめしたい作品は全力で推します。

2022-09-20から1日間の記事一覧

うしろ、うしろ、うしろ、うしろ、うしろ、うしろ、うしろ、うしろ-『うしろ』

『うしろ』 倉阪鬼一郎/2007年/365ページ それは奇妙なマンションだった。女性専用で、セキュリティは万全、一見何の問題も無いように見える。だが、常に観察していれば気づくだろう、ここでは妙に人が入れ替わることに。そして、出て行く者の顔は必ず恐怖…