角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。おすすめ作品等はリストから

設定を一新したリブート版『呪怨』。一新しなくてよかった-『呪怨 終わりの始まり』

『呪怨 終わりの始まり』 大石圭/2014年/316ページ 臨時教員ながら学級担任として自分のクラスを受け持つことになった生野結衣。夢を叶え、喜びを噛みしめる結衣だが、クラスには不登校を続ける生徒―佐伯俊雄がいた。電話でも連絡がつかず、不吉な予感を覚…

ツボを押さえた展開ながら、キャラ造形は昭和な猟奇犯罪モノ-『バベルの古書 猟奇犯罪プロファイル Book1≪変身≫』

『バベルの古書 猟奇犯罪プロファイル Book1≪変身≫』 阿泉来堂/2023年/275ページ 第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞読者賞受賞作家の新境地! 札幌市近郊の町、荏原市で発生した女子大生殺人事件。遺体の首と両手は切断されて持ち去られ、現場にはフランツ…

理不尽が生む孤独が理不尽な惨劇を起こす…。それにしてもこの霊能者はヒドいな!-『呪怨 黒い少女』

『呪怨 黒い少女』 大石圭/2009年/157ページ 看護師の裕子は、芙季絵という少女の担当を任されてから、奇妙な体験をするようになる。そして検査の結果、芙季絵の体内に「腫瘍」が発見される…。生まれてくることのできなかった者の怨みが少女を蝕み、やがて…

官能的な薫りに誘われるまま殺人を犯す、大石作品お馴染みのド変態ハンサム繁盛記-『殺人調香師』

『殺人調香師』 大石圭/2011年/400ページ 柏木はハンサムな若き調香師。彼の調合する香水を求め、店には多くの婦人たちが訪れる。だが柏木には大きな秘密があった。彼は調香師にして―連続殺人鬼。命を失ってから数時間にわたって皮膚から立ちのぼる『その…

陰惨すぎて逆に心地よい「バスケババア」誕生秘話-『呪怨 白い老女』

『呪怨 白い老女』 大石圭/2009年/179ページ ある家で、司法試験に落ちた息子が家族5人を次々と惨殺し、自らも首を吊って死んだ。死ぬ瞬間を彼が録音したカセットテープには、彼の声とともに少女の不気味な声が録音されていた。それは、あかねが小学生の頃…

サイコと呼ぶのも生ぬるい、ド直球のイカレ教師が殺人授業で大活躍-『先生』

『先生』 吉村達也/1995年/350ページ 雪のように白い肌と鋭い目、びっしり生やした髭面―それが総美学園中等部三年A組の担任として赴任してきた北薗雪夫先生だった。だがその先生には、五人の中学生を次々と殺した驚愕の過去があった。幼い頃、色の白さから…

世界に広がる憎悪の輪! 伽椰子のパワフルさを久々堪能できる好編-『呪怨 パンデミック』

『呪怨 パンデミック』 大石圭/2007年/332ページ 住宅街の一角にひっそりと建つ幽霊屋敷として有名な「ある家」。その家に足を踏み入れた者たちは次々と謎の死や失踪を遂げていた。そこではかつて伽椰子という女性が夫に惨殺され、当時6歳だった長男の俊雄…

冒頭の“洒落怖”な雰囲気は抜群ながら、ゲーム的展開がリアリティを削ぐ凡作-『ハラサキ』

『ハラサキ』 野城亮/2017年/208ページ 百崎日向には幼少期の記憶がほとんどない。覚えているのは夕陽に照らされる雪景色だけだった。結婚が決まり、腹裂きの都市伝説が残る、故郷の竹之山温泉に向かう電車の中で日向は気を失う。目覚めるとそこは異世界の…

アメリカ人がジャパニーズ怨霊の呪いで大量死。焼き直し感がどうしても漂う-『THE JUON/呪怨 ハリウッド版 呪怨』

『THE JUON/呪怨 ハリウッド版 呪怨』 大石圭/2005年/293ページ ビジネスマンのマシューは妻のジェニファーと軽度の痴呆がある母親エマを連れて日本の企業に赴任してくる。彼らは郊外の日本建築の一軒家を借りて新生活をスタートさせるが、ジェニファーは…

恐怖のバイオ昆虫と伝奇ミステリの食い合わせはイマイチな結果に…-『虫送り』

『虫送り』 和田はつ子/2000年/305ページ 北海道、井戸無村。そこでは生物農薬として使っていたてんとう虫が異常繁殖を始め、川魚を集団で襲うという怪現象が起きていた。そしてこの現象に疑問を持った人間が次々と怪死を遂げる。一方札幌では、虫の死骸と…

早すぎるマンネリ化、明らかなパワーダウンを感じる残念続編-『呪怨2』

『呪怨2』 大石圭/2003年/288ページ その家に関わった者は、行方不明になるか悲惨な死を遂げると言われる「呪われた家」。ホラークィーンの異名をとる女優の原瀬京子は、その家を取材するテレビの特番に出演した日の夜、交通事故に遭う。運転していた婚約…

ドラキュラ、青髭、ラスプーチン…欲望に生きた歴史人物10人の妖しく美しく血に塗れた生涯!-『きれいなお城の怖い話』

『きれいなお城の怖い話』 桐生操/1998年/239ページ 狂気、殺人、拷問、毒薬、悪魔、サディスト…きれいなお城には、恐怖がいっぱい。みずからの欲望と快楽のはてに、血塗られた歴史を作り上げた十人の悪女・怪人の姿を、浮き彫りにする。600人の娘を殺した…

Jホラー界で二番目くらいに有名なパワフル呪殺ヒロイン・伽椰子の誕生を描く秀逸ノベライズ-『呪怨』

『呪怨』 大石圭/2003年/314ページ 老人介護のボランティアをしている仁科理佳は、寝たきりの老婆・幸枝の様子を見てきて欲しいと頼まれる。郊外の住宅地にあるその家の中は、悪臭が漂い、ゴミが散乱していた。理佳が人の気配を感じて二階に上がるとガムテ…

「女たちの愛と狂気」という新鮮味のないテーマを、新鮮味がないままに描くノベライズ-『ラブ サイコ 角川ホラーシネマ』

『ラブ サイコ 角川ホラーシネマ』 著:小川秀夫 原案:岡嶋寛人/2006年/173ページ …愛がすべてと信じる恋愛依存症のあなたに…愛が見えなくなった恋愛恐怖症のあなたに…そして、自らの愛に狂気を感じるあなたに…。女たちの愛と狂気をテーマに、愛の中に潜…