角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。読んだ上で、おすすめしたい作品は全力で推します。

飲んで騒いで恋をして、その傍らで霊を視て。ある意味理想の大学生活-『ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート』

『ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート』 櫛木理宇/2013年/310ページ 幽霊が「視えてしまう」草食系大学生の八神森司。怖がりな彼がオカルト研究会に属しているのは、ひとえに片想いの美少女こよみのため。霊にとりつかれやすい彼女を見守る…

ド安定の怪奇ゴシップエッセイ。知ったのを後悔する厭な芸能界話も…-『現代百物語 殺意』

『現代百物語 殺意』 岩井志麻子/2013年/224ページ 不思議な偶然が繰り返される女。いつの間にか入れ替わってしまった噂話。淫猥な生霊。延々と食べ続ける女。歪んだ正義感に駆られた人々の暴走。風に乗って窓から入ってくる「死んじゃえば?」というささや…

様々な視点から読み解ける名作群。圧倒的な絵のパワーに改めて感銘を受ける-『のろわれた手術』

『のろわれた手術(オペ) ~手塚治虫怪奇アンソロジー~』 手塚治虫/1995年(復刊:2023年)/362ページ ブラック・ジャックの奇跡の手が、千五百年前のミイラの呪いを解く「のろわれた手術」、子馬と引き離されキズつき、人間への復讐にもえ妖怪となった「妖馬…

心臓移植手術を受けたら、手首から触手が飛び出る特異体質に!? 変化球のヒーロー誕生譚-『心臓狩り ①移植された悪夢』

『心臓狩り ①移植された悪夢』 梅原克文/2011年/295ページ 難病を発症し心臓移植を受けることになった堤雅之。手術は無事成功するが、すぐに雅之は奇怪な現象に悩まされ始める。嗜好の急激な変化、左足を引きずる癖、手首の異常な痒み、そして何者かに殺さ…

怪談には物理攻撃で立ち向かえ! 悪ふざけにとどまらない、怪談への理解と愛ある逸品-『怪談撲滅委員会 死人に口無し』

『怪談撲滅委員会 死人に口無し』 黒史郎/2015年/274ページ 深夜の学校で行われる葬式。“参列者”の中に迷い込んだ生徒が行列の末に棺を覗くと、そこには友達の遺体が。数日後、葬式は現実になるという―。「怪談撲滅委員会」に加入した澪と雲英が次に撲滅を…

映画にもない描写や脚本家自らの解説など、資料としては貴重な一冊-『映画版脚本集 リング リング2』

『映画版脚本集 リング リング2』 原作:鈴木光司、脚本:高橋洋/1999年/301ページ ちまたに頻発する原因不明の突然死。呪いが込められたビデオテープの存在は都市の人々の間に急速に広まって…。映画「リング」とその最悪の続編として、さらなる恐怖をフィ…

『今昔物語』のエピソードが、現代の猟奇事件・未解決事件に生まれ変わる-『業苦 忌まわ昔(弐)』

『業苦 忌まわ昔(弐)』 岩井志麻子/2020年/208ページ 志を立て腹に宿った釈迦如来。親子の情が通じない無情なあの世。色男を焦がれ死にさせた冷酷な美女。妻に追い立てられて老いた姨母を山に捨てた夫―。これは昔か現代か。それは夢か現か幻か。過去を語る…

官能と倒錯の美に溢れる怪奇短編を、丸尾末廣のイラストが彩る-『水妖記』

『水妖記』 岸田理生/1993年/315ページ 吸血の歓びを体に刻んだ女。魔縄で女を犬にかえる男。石棒に犯され孕む女。淫らな血の匂いが、男と女を官能の地獄絵図へと誘い込んでゆく。演劇界の異才、岸田理生が倒錯と恐怖の中で暴かれてゆく人間の本性を描いた…

よくあるタイプの末代まで祟る怨念話をテンポよく描くノベライズ。サクっと読めはするが…-『怪談』

『怪談』 行川渉(箸)、三遊亭円朝(原作)、奥寺佐渡子(脚本)/2007年/189ページ 放蕩三昧の藩士、深見新左衛門は、借金の督促に訪れた皆川宗悦を酒の勢いで斬り捨て、遺体を下総の累ケ淵へ沈めてしまう。やがて新左衛門は宗悦の怨念にとりつかれ、錯乱…

絶叫、咆哮、鬼気迫る形相。いい顔特盛り、グロ描写連発のトラウマ作『妖虫』も完全収録-『死霊の叫び』

『死霊の叫び ~古賀新一恐怖傑作集~』 古賀新一/1997年/391ページ 手首が蠢めき、人間を飲み込む怪物――。脳や心臓が消失し、昆虫のように脱皮する奇病に冒された人間が増殖する戦慄を描いた「妖虫」。健気な少女に浮遊霊がしのびよる「死霊の叫び」、静…

異常世界で異常人物が異常言動を繰り広げ、怪談どころじゃなくなってるホラーコメディ-『怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花』

『怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花』 黒史郎/2014年/342ページ 超ド級の怖がり・大神澪は、事情により七不思議ならぬ“二十一の怪談”がある白首第四高校に入学してしまった。友達も作らず怪談を避ける日々を過ごしていたが、突然、破天荒な不良・雲…

贖罪とサディズムと純愛。唯一無二の世界観で再構築された少女ゾンビ譚-『ステーシー 少女ゾンビ再殺談』

『ステーシー 少女ゾンビ再殺談』 大槻ケンヂ/2000年/191ページ 近未来。そこでは15歳から17歳の少女たちが突然原因不明の死をとげ、人間を襲う屍体・ステーシーとなって蘇える“ステーシー化現象”が蔓延していた。増え続ける彼女たちを再び殺すには165以上…