角川ホラー文庫全部読む

全部読めるといいですね。読んだ上で、おすすめしたい作品は全力で推します。

一族に「この世の富」をもたらす怪異の恵みと災い。展開予測不能の残酷民話-『きんきら屋敷の花嫁』

『きんきら屋敷の花嫁』 添田小萩/2014年/199ページ 平凡で天涯孤独な27歳の知花に、縁談が舞い込んだ。資産家の飯盛家の長男に気に入られたのだ。広大な森に囲まれた屋敷、外部との接触を嫌う家族や親類たち。知花は義母らから一族に伝わる決まりごとを学…

たった一人の老人の「おそれ」が、町を静かに蝕んでいく。シリーズを綺麗に〆る伝奇ホラー-『おそれ』

『おそれ』 倉阪鬼一郎/2011年/423ページ 万全のセキュリティと美しい景観を備えた四季風ニュータウン。女性チェロ奏者キム・イェニョンはリサイタル中、頭部のないヘビのイメージに襲われ、この町に隠された秘密を直感する。ニュータウンを開発した企業グ…

コメカミ部分をずきずきと苛む、解釈不能の実話怪談集。ラスト1作は反則では!?-『顳顬草紙 歪み』

『顳顬草紙 歪み』 平山夢明/2015年/240ページ ある時、夜中に高野は、半睡半覚で気がつくと腕が伸びていた。腕は壁を抜けて自宅の外まで達し、なにかを掴んだ「腕の魂」。勉強に集中できなくなる度に決まって現れる、自分の姿によく似た幻影「ベンキョー…

実話怪談の新境地? 霊なのかどうかもよくわからない、解釈不能の理不尽な恐怖譚-『顳顬草紙 串刺し』

『顳顬草紙 串刺し』 平山夢明/2014年/304ページ 濃霧の湖の中、兄妹が乗るボートに近づく水音と、湖面から這い上がろうとする手「霧嫌い」。事故で視力を失った鍼灸師が見た、人形の影。その後部屋に立ち篭める異臭の正体とは「蛍火」。八百屋の軒先につ…

旧き恐怖の存在と、無限の恐怖に囚われた男。角川ホラー文庫を代表する神話級名著-『玩具修理者』

『玩具修理者』 小林泰三/1999年/224ページ 玩具修理者は何でも直してくれる。独楽でも、凧でも、ラジコンカーでも…死んだ猫だって。壊れたものを一旦すべてバラバラにして、一瞬の掛け声とともに。ある日、私は弟を過って死なせてしまう。親に知られぬう…

お手本のようにシンプルなデスゲーム。それ以上でもそれ以下でもなし-『出口なし』

『出口なし』 藤ダリオ/2010年/304ページ 完全な密室に拉致された男女5人。机の上には1台のPC。残された酸素は12時間。制限時間までにマスターから出題されるクイズに答え、ゲームに勝ってここから脱出せよ。間違えれば即刻死が待っている―!不条理な極限状…

老い、復讐、アイデンティティ喪失…日常に寄り添う恐怖を奇想と共に描く-『黄昏の悪夢』

『黄昏の悪夢 自選恐怖小説集』 清水義範/1993年/271ページ なにげない日常生活の中で知らぬまに忍び寄る黒い影。それは〈恐怖〉というものにかわり、人々の心に巣喰っていく…。人生の終着駅にみた恐怖を描く表題作のほか、七編。著者自ら、選びぬいた最高…

赤い字で「ひとり」と書いた紙を現場に残す、連続殺人犯の目的とは…!?(特に意味無かった)-『ひとり』

『ひとり』 新津きよみ/2009年/253ページ 中学2年の夏、桃子は親友のすみれとバス旅行をしていた。ところがそのバスが事故を起こし、ふたりは崖下に転落してしまう。大怪我をしたすみれとともに救助を待った桃子だが、すみれは「わたしの分まで生きてね」…

人の身体を操る、謎の存在が起こす猟奇殺人。悪霊か催眠術か宇宙生物か、その正体は…-『傀儡の糸』

『傀儡の糸』 亜木冬彦/1993年/226ページ 深夜のオフィス街で、突如発生した連続猟奇殺人事件。内臓を全て引き出された死体は、どれも無残を極めていた。そして奇妙なことに、どの死体も指の一本が現場に見あたらない。一体誰が、何の目的で…。気鋭の新人…

怪奇と猟奇が濃厚に匂い立つ特選短編集。外れ無しの入門編-『芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション②』

『芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション②』 江戸川乱歩/2008年/196ページ 時子の夫は、奇跡的に命が助かった元軍人。両手両足を失い、聞くことも話すこともできず、風呂敷包みから傷痕だらけの顔だけ出したようないでたちだ。外では献身的な妻を演じながら、…

フリーのホラゲみたいな展開が続く、あまりにライトな学校の七不思議ホラー-『七怪忌』

『七怪忌』 最東対地/2021年/256ページ ラノベ作家を目指す高校2年生の慶太は、美少女の転校生がなぜか七不思議を調べている現場に遭遇。自身も動画チャンネルを持つ従兄と一緒に夜の学校に忍び込むが、それは想像を絶する悪夢の始まりだった。 (Amazon解…

日本を憎悪する外国人労働者を、八百万の神の力でバッタバッタとなぎ倒す。シリーズ随一の問題作-『さかさ』

『さかさ』 倉阪鬼一郎/2010年/335ページ 世にはびこる悪しきものを封印するため全国を歩いていた聖域修復師の八神宇鏡は、不穏な兆しを感じて江の島にやってきた。時を同じくして、都内各地のコインロッカーや鉄橋の下で頭部がさかさになった人形が発見さ…